ホーム会社情報 > 沿革

沿革

1938(昭和13年) 大阪において肥田電器製作所として創業、松下電工株式会社と取引を開始する。
1943(昭和18年) 肥田電器株式会社を設立する。
1945(昭和20年) 強制疎開により、本社を現在地に移転する。
1953(昭和28年) 松下電器産業株式会社と取引を開始し、熱可塑性樹脂の成形を開始する。
大阪工場を新設し、大型射出成形機を導入する。
1958(昭和33年) 電化製品の一般市場浸透と需要拡大につれて大阪工場と石川工場に大型成形機を増設する。
量産体制の整備に専念する。
1964(昭和39年) 松下電工株式会社より品質管理優良工場の認定を受ける。
1966(昭和41年) 前代表取締役肥田寅二三病没のため、副社長肥田安正代表取締役に就任する。
1967(昭和42年) 大阪工場閉鎖。大阪府茨木市に茨木工場を新設する。
1969(昭和44年) 資本金3,200万円に増資する。
1970(昭和45年) 七尾市の工場誘致条例の適用を受け、七尾工場を新設する。
1971(昭和46年) 滋賀県神崎郡五個荘町に滋賀工場を新設する。
大型射出成形機を設置し、業容の拡張を図る。
1974(昭和49年) 七尾税務署より優良申告法人として表敬状を授かる。
1975(昭和50年) 石川県技能検定射出成形実技試験場に指定される。
1977(昭和52年) 七尾工場、松下電工株式会社より「品質管理優良工場」の認定を受ける。
1979(昭和54年) 石川工場、七尾工場、松下電工株式会社より「品質管理実施優良賞」を受賞する。
茨木工場の工場社屋を増築し成形工場の自動化と合わせて、組立ラインの増設拡張を図る。
1980(昭和55年) 七尾工場、電気こんろで「工業標準化実施優良工場・名古屋通商産業局長賞」を受賞する。
1981(昭和56年) 石川工場、茨木工場、滋賀工場、UL安全規格認定(成形)を受ける。
1983(昭和58年) 石川金型製造部門を集結して株式会社肥田電器金型製作所を強化する。
1984(昭和59年) 七尾工場、UL・CSA安全規格認定(組立)を受ける。
1986(昭和61年) 4工場・松下電器産業株式会社自主品質保証工場として認定される。
開発技術部・商品技術部を設置する。
1987(昭和62年) 静岡県袋井市に静岡工場(組立)を新設する。
1988(昭和63年) 住宅分電盤、自動成形組立ライン本格稼動する。
1990(平成2年) 静岡県袋井市山田に静岡工場(成形)を新設する。
石川工場小物成形棟を増設する。
1995(平成7年) 香港のFORWARD社、NANIWA INTERNATIONAL社との合弁で香港に肥田電器(香港)有限公司を設立する。
七尾工場、平成7年度全国安全週間「優良賞」により労働大臣表彰を受ける。
1999(平成11年) 横浜出張所を開設する。
携帯電話増産による設備投資(静岡・茨木・石川工場)を行なう。
滋賀工場が環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得する。
2000(平成12年) 石川・静岡・茨木工場が環境マネジメントシステムISO14001の認証を取得する。
七尾税務署より優良申告法人として表敬状を授かる。
2001(平成13年) 国内全事業所が品質マネジメントシステムISO9001の認証を取得する。
2006(平成18年) 肥田電器(香港)有限公司を瑞和肥田電器(香港)有限公司に社名変更する。
2008(平成20年) 創業70周年
製品別事業部制を導入する。
2009(平成21年) 株式会社肥田電器金型製作所を100%子会社化し、一貫生産体制のコラボ効果の追求を図る。
2010(平成22年) 石川県知事より石川県ワークライフバランス企業(2009年度)「優良企業賞」を授かる。
2010(平成22年) 七尾税務署長より「優良申告法人表敬状」を授かる。
2011(平成23年) 七尾工場を石川工場に集約し分電盤事業の効率化を図る。
2013(平成25年) 経営ビジョンの自社開発、企画商品で2020年売上過半の達成を目指すため先行技術プロジェクト、新事業企画プロジェクトを発足させる。
2015(平成27年) 瑞和肥田電器(香港)有限公司を100%子会社化し海外事業の強化を図る。
2015(平成27年) BtoC向け自社企画商品の開発を行い、3つのコンセプトからなる消費者向けインテリア・雑貨ブランド『Hacocoro(はこころ)』を発表、販売開始する。

会社情報

ページトップ