ホーム採用情報 > 先輩社員インタビュー

入社案内

  • 営業職
  • 技術開発職
  • 生産管理職
  • 製品設計職

営業職 尾橋正紀

お客様から自社スタッフまで、アイデアから実現まで。肥田電器の営業職は「プロジェクト全体の指揮者」です。

 入社以来営業職を担当しており、主に大手携帯電話メーカー様と一緒に仕事をしています。私たち肥田電器の営業の仕事を一言で表すなら、「プロジェクト全体の指揮者」ではないでしょうか。お客様と直接向き合ってご要望や課題を共有すると同時に当社各セクションのスタッフたちの状況も常に把握し、全体として最善のストーリーを組み立てる。そしてそれに沿って実際にプロジェクトを進めていくのが私たち営業職の役目です。
お客様と自社の全体を見渡す指揮者としてお客様のために当社に何ができるかを考えた結果、その課題をさらに高いレベルで解決できる新しい取り組みに挑戦することもあります。最近で印象に残っているのは『2S-IMD工法』という新しいフィルム転写工法の自社への導入です。当時この工法ができる企業は日本でもほんの数社。しかしお客様のご要望に期待以上の水準で応えるためにはこの工法の導入が有効だと考え、中心メンバーのひとりとして導入のための検討を開始しました。当初は右も左もわからず前進と後退の繰り返しでしたが、皆で苦労した甲斐あってこの新工 法の導入に成功し、軌道にのせることができました。
肥田電器は有数の大企業をはじめとするたくさんのお客様から、常に期待の一歩先を行く協力会社として認めていただいています。その最前線で仕事をしているのが私たち営業です。責任は大きいですが、だからこそやり遂げた時の達成感も格別です。以前、お客様である大手企業の役員の方から、直接営業担当の私に感謝のご連絡をいただいたことがあるんです。その時は本当に嬉しかったですね。

ページトップへ

開発技術職 岡村恵朗

自分の専門領域を飛び越え、新事業を立ち上げました。ここは社員が主体的に考え、挑戦できる会社です。

 お客様のニーズから新しい事業の可能性が見えた場合、肥田電器は積極的に挑戦する企業です。私の仕事は新事業のスタートを技術面から支援して本格稼働への道を拓くこと。昨年まではプラスチックにアルミの表面加工を施す蒸着事業の立ち上げを目指し、現場の責任者として仕事に取り組んできました。
当初は蒸着に関する知識がまったくなく、ゼロから勉強を始めました。 さらに、技術の確立や綿密なニーズの調査、工場の仕様決定、設備の調達・レイアウトなど、稼働のためには多岐にわたる準備が必要でした。専門外の分野で思うように進まないこともありましたが、ひとつひとつをクリアして無事稼働開始の日を迎えました。
当社の仕事のおもしろさは、このように幅広い領域の中で主体的に考え、行動ができる点だと思います。もっと規模の大きな企業では、スタッフはそれぞれ専門分野を担当する分業体制が一般的でしょう。逆に小さい企業では、そもそも挑戦すらできないことも多くなります。当社の規模なら社員次第でどんなことにも挑戦できるはず。もちろんそのためには、私たち自身が専門外の分野に飛び出す挑戦もしなければいけません。それはとても大変なことですが、それだけに大きなやりがいを感じられる仕事だと思うんです。
現在当社は、お客様のニーズに技術をもって応えるというスタンスで仕事をしています。さらに私は将来的な展望として、私たちの技術によってお客様に新しいニーズが生まれる、そんな技術の開発を目指したいと考えています。そのために次は何に挑戦しようかを、今も考えているところです。

ページトップへ

生産管理職 大家悠一

製造の働きを活かすも無駄にするも生産管理次第。そう考えて、生産全体を管理・指揮しています。

 肥田電器はある大手電器メーカーの住宅用分電盤のうち、8〜9割の生産を担っています。住宅用分電盤は中身のバリエーションが多彩で、「一品一様」というほぼオーダーメイドに近い生産が求められており、同時に納期短縮のニーズもますます高まっています。そこで重要になるのが受注・製造・出荷という流れを効率的に動かす管理体制。生産管理という私の仕事は、お客様を含む生産全体の中心に立って受注量・品質・コスト・納期など、多角的に製造現場を管理・指揮することになります。
この仕事を例えるなら、お客様と製造現場との「潤滑油」になることでしょうか。お客様のご要望を速やかに実現するよう製造現場を効率的にコントロールしながら、また現場には過度の負担をかけないように気を配り、納期や価格などの面でお客様と交渉します。お客様のご要望が集まってくる窓口の役割も担っていますから、さらにニーズに応えられる今後の体制づくりを考え、実行していくことも私の仕事です。
私は入社から2年間、設計担当として分電盤の設計に携わってきた経験があります。生産管理へ異動となった当初は営業的な交渉など慣れない部分で苦労があったものの、今では社会人としてより大きな視野を得るいい機会を与えてもらったと思っています。設計や製造の大変さを知っていることは、生産管理の仕事にも大きな意味のあることなんです。設計・製造スタッフの働きを活かすのも無駄にするのも生産管理の私次第。そう考えて、日々大きな責任とやりがいを感じながらこの仕事に取り組んでいます。

ページトップへ

製品設計職 折田智治

開発段階からお客様の製品づくりに関わるなど、幅広い領域での設計ができる環境があります。

 当社のお客様には、長いお付き合いで当社に蓄積された製品知識やノウハウを信頼して、プラスチック成形だけではなく製品設計からの依頼をしてくださる企業もたくさんあります。その設計に直接携わるのが私の仕事です。
相手先ブランドの製品設計を任せていただけるのは当社への大きな期待と信頼の証。当然大きなプレッシャーも感じます。しかし、やはり私が設計した製品が世の中に出て認められた時の喜びは何にも代えがたいものです。お客様が消費者から評価されることと、当社がお客様から評価されること、そこには二倍の嬉しさがあると言ってもいいかもしれません。
時にはお客様の商品開発から関わり、アイデアを求められることもあります。以前パソコンディスプレイの可動式スタンドについて、それまでにない動きが可能になる新機構を共同で検討していたんですが、お客様と打ち合わせを繰り返しても答えは見つかりませんでした。でもある朝目が覚めてふと「こうかな」と思いついたんです。すぐにお客様に連絡したら即採用となりました。残念ながらコストの問題で商品化は見送られましたが、現在そのアイデアはお客様と当社の連名で実用新案を取得しています。
当社で製品設計をするおもしろさは、メーカーで自社製品の設計をする場合と違ってさまざまなお客様から依頼される幅広い分野の製品設計ができることだと思っています。それは別の言い方をすれば、経験のない分野の設計依頼も頻繁にやってくるということ。新しい仕事との出会いと常に勉強することをおもしろいと感じられる人なら、当社の設計に向いていると思いますよ。

ページトップへ

採用情報

ページトップ